レアストーンズ
世界の宝石のお話
ナミビア
★ナミビアの宝石★
アフリカ大陸南西部に位置し面積が約82.4万K㎡(日本の2倍強)の国がナミビア共和国です。
長らく南側で隣接する南アフリカ共和国の統治下にありましたが1990年に独立しました。
南アフリカと同じで鉱物資源に恵まれており銅や亜鉛、ウラン等種類も多く産出量も豊富です。そして同じように豊富なものがやはり
ダイヤモンドです。
ナミビアでダイヤモンドが多く採れる場所として有名なのは南アフリカとの国境を流れるオレンジ川の下流で南太平洋沿岸に広がるナマクアランドという地帯です。
二つの国にまたがる非常に広大なダイヤモンド漂砂鉱床でナミビア側はグレーター・ナマクアランドと呼ばれています。
ここで採れるダイヤは品質が良く実に5割以上が宝石用原石になるといわれています。
ただ90年もの長期に渡り大掛かりな採掘を継続してきたということもあってさすがに最近は産出量が減少ぎみの様です。
ナミビアでは南アフリカとは違いダイヤ以外の宝石・鉱物も多くの種類が採れます。
多いといっても一般宝石としてはベリルの
アクアマリンヘリオドールモルガナイトとガーネットグループのスペサルタイトくらいで殆どがレアストーンです。
但し、この国の北部のクネネ川付近で採れるスペサルタイトは他の産地のものよりもオレンジ色が美しくマンダリンガーネットと呼ばれています。
10年以上前から日本にも入ってきていますが1カラット以上で高品質なものは非常に高価です。

ナミビア産のレアストーンで最も有名なものはツメブという銅の鉱山で採れるダイオプテーズ(翠銅鉱 CuSiO2(OH)2 硬度5)です。
この石はカザフスタンやザイール等でも採れるのですが、ツメブ産は特に高品質で透明感が良くこれ以上有得ないと思えるほど深く純粋な美しい緑色をしています。

ダイオプテーズは鉱物ファンの方には馴染みが深いアイテムで、できれば純白のカルサイトの母岩に形の良い結晶がバランス良く群晶したツメブ産を少々値が張っても手に入れたいと思っておられるはずです。
カットすると非常に魅力的な宝石になるのですが、硬度が低い上に劈開性も強くしかも大きな結晶にはなりませんので残念ながら殆どカットされません。

ツメブではダイオプテーズと同じ銅の鉱物でバイルドナイト(バイルドン石硬度4.5)という聞き慣れない石も採れます。
殆ど不透明の暗緑色で塊状石を稀にカボション・カットされることが有るようですがかなり稀少な石です。

さらにツメブでは鉛の鉱物のセルサイト(白鉛鉱 PbCO3 硬度3~3.5)も採れます。
無色からグレーの石で透明なものはカットするとダイヤに似た美しい宝石になります。
ただ硬度が低すぎる為宝飾品には向きません。

ナミビアのオーポホというところではソーダライト(方ソーダ石硬度5.5~5)が採れます。
ソーダライトはUSAの各州やカナダ、ロシア、ブラジル等世界各地で産出するのですが、この産地では濃いブルーでファセット・カットが可能な半透明から透明に近いものが採れるのです。

同じ様なものは南アフリカでも産出するのですがナミビア産の方が高品質だと言われています。
ソーダライトは普通塊状不透明で他の鉱物が混ざり色に斑が有りますし又、産出量も多いですから安価なアクセサリーや彫刻の材料にしか用いられません。

しかしファセット・カットできるものは稀少で充分宝石となります。
ナミビアでは
アンブリゴナイト(アンブリゴ石 硬度5.5~6)も採れます。
この石は通常薄い黄色から黄緑色をしており半透明ないし透明で宝石質原石の主な産地はブラジルです。

ところがナミビア産アンブリゴナイトはライラック色で黄色系のもより稀少です。
透明な宝石質のものが産出している様ですからカットされているはずですが、日本には全く入って来ていません。
その他ナミビアでは透明で薄い黄色の
アングレサイト(硫酸鉛鉱 PbSO4 硬度2.5~3)、無色透明のペタライト(葉長石又はペタル石硬度6~6.5)無色透明のフェナカイト(フェナス石 硬度7.5~8)等のレアストーンが採れます。

     
オンラインショップ ナミビア産の石