レアストーンズ
世界の宝石のお話
ブラジル
★ブラジルの宝石★
日本からはちょうど地球の反対側に当たる南アメリカ大陸中央部の面積約851万2千K㎡(日本の約23倍)の大きな国がブラジルです。
距離的には世界で最も遠い国の一つですが1908年の初の日本人のブラジル移住以来非常に親しい国になっています。
石の業界にも日系二世や三世の方がおられて、ビジネスのために年に何度も来日されているようです。
宝石、鉱物を問わず大量にこの国より輸入されてきており、特に
ロッククリスタルアメジストシトリン瑪瑙等の水晶グル-プやトルマリンは殆どがブラジル産という時期もありました。
しかし、最近水晶に関しては質の良いアーカンサス産、マダガスカル産、安価なロシア産、又、トルマリンは色の明るいアフガニスタン産に人気の点では引けを取っているようです。
ブラジルは非常に広い国ですがやはりスリランカと同じで宝石や鉱物の宝庫と言えるでしょう。
特に
アクアマリン等のベリルアレキサンドライト等のクリソベリルガーネット類、多彩なトルマリン、水晶グループ等が数多く採れます。
又、以外に思われるかも知れませんが質の良い大粒の
ダイヤモンドエメラルドも産出するのです。
残念なことにエメラルドの最高級品はコロンビア産ということになっていますので、高品質なブラジル産エメラルドをコロンビア産と称して販売されていることが有る様です
(但し、エメラルドは他の宝石と違い鑑別に掛けると比較的簡単に産地が判ってしまいます)。

お気付きになられたと思いますが、面白いことにブラジルで採れるクリソベリル以外の主な石はスリランカでは殆どと言って良いほど採れないのです。
逆にスリランカで主に採れる石はブラジルでは余り採れないのです。そしてこれはレアストーンでも同じ事が言えます。

ブラジル産のレアストーンで最初に取り挙げたい石は、国名に因んで名付けられたブラジリアナイト(NaAl3(PO42(OH)4硬度5.5)です。
1944年にミナスジェライス州で発見され翌年に今世紀最初の新種宝石として認定されました。
色調は淡黄色、黄色、黄緑色と明るくて澄んだイエロー系の綺麗な宝石です。
発見された当初は十数センチもある大きな結晶が採れたのですが、最近では小さいものが僅かしか採れないようです。
ましてやカットして宝石にできる品質の原石となると、元々内包物の多い石ですからさらに稀少になります。
5カラット以上のカットストーンは殆ど無いと言われていますが、実際にはもっと小さなものでも入手困難な状態です。
現に、ご当地ブラジルの宝石業者でさえ宝石名は知っているが取り扱ったことがないと言う方が殆どです。
小さな鉱物標本程度のものならたまに流通していますが比較的高価で、上質のカット石となるとかなり高価です。

ブラジルではベリル(緑柱石Be3Al2Si618硬度7.5~8)が多く採れその大半がブルー系のアクアマリンとグリーンのエメラルドなのですが、ピンク系のモルガナイト、イエロー系のヘリオドール、無色のゴシェナイトも産出します。
モルガナイトはマンガンが着色成分でピンク色からピンキッシュブラウンの石です。
鉱物としての産出はそれほど稀少ではありませんが、ブラウン味のない明るく濃いピンク色で透明感の良い宝石質のものとなると稀でとても高価な宝石です。
酸化ウランや鉄が着色成分で黄色から黄緑色や黄色味を帯びたブラウンのベリルをヘリオドールといいます。
最近は黄色をイエローベリル、黄色味を帯びたブラウンを
ゴールデンベリルと呼ぶ方が一般的になっていますのでヘリオドールは黄緑色のベリルのことになるようです。
これらの石もやはり高品質なカット用原石が少ないためか、日本での人気が今ひとつなのか、どういう訳か余り流通していません。
着色成分が全く入らなかった為に無色で純粋なベリルがゴシェナイトです。
正確にカットするとダイヤモンドのような強いディスパージョン(光の分散)こそ有りませんがとても美しい宝石になります。
しかし残念ながらこの石も以前ダイヤモンドの代用品にされた程度(無色の石の宿命なのでしょうか)で殆どカットされることがなく流通していないのが実状です。
無色と言えばブラジルで採れる石に
フェナカイト(Be2SiO4硬度7.5~8)やペタライト(LiAlSi410硬度6~6.5)、ユークレース(BeAlSiO4(OH)硬度6.5~7.5)があります。
これらの石は鉱物そのものが稀産な上に透明なものが少なく、さらにカットが容易ではないために稀少で、全てのカット石が一部の宝石マニア向けとなってしまいます。
但しこれらの石は殆どが無色で有色のものも採れますが極めて稀少です。

ブラジルではピンク色のスポージュメンクンツァイトが多く採れるのですが、クロムを着色成分とするグリーンのヒッデナイトも採れます。
ブラジル産のヒッデナイトは色の淡い原石が多いのですが、透明感が良く強いテリが有りますので非常に美しくて高価な宝石です。
又、クンツァイトは直射日光などに当たると短期間に脱色を起こすという欠点が有りますが、ブラジル産のヒッデナイトはかなり安定しています
ただ結晶が細長くインクルージョンが多い為なかなかカットに向く原石が無いことと、カットの歩留まりが悪いためにカット石は稀少になってしまうのです。

最後になりますが何方でもご存じの非常に有名なレアストーン?パライバトルマリンです。
このトルマリンは1987年にパライバ州で発見され、その眩しく感じるくらいのネオン効果で見る人を驚かせました。この独特の色調のブルーは銅イオンに起因しており鉄とチタンによりグリーンになります。
しかし残念ながらこの例えようもなく美しい宝石も発見から数年で殆ど採れなくなりレアジェムとなりました。

将来この様に衝撃的な新宝石が発見されることが有るのでしょうか…。

     
オンラインショップ ブラジル産の石