レアストーンズ
宝石雑学教室
水晶グループ(3)
★水晶グループ(3)★
水晶には様々な他の鉱物がインクルージョンとして入ることがあります。そしてそのインクルージョンの違いで全く雰囲気の異なる結晶になり、水晶のバリエーションがさらに広がるのです。
なかでも多いのがルチル(金紅石 TiO
2)インクルージョンのある水晶で、ルチレーテッドクオーツと呼ばれています。
水晶のインクルー ジョンとしてのルチルは全てと言って良いほど針状結晶で、色は暗赤色、黄褐色、灰色、稀に青みを帯びた灰色をしています。
ルチルが適度に入った水晶に光を当てると、まるで無数の金や銀 銅といった金属の針からのような非常に神秘的で美しい反射光が出ます。
昔から「針入り水晶」と言う名で親しまれており、ルチルの入り方が綺麗なものをカボションにカットしてリングやペンダントトップ用に利用されています。
ただ真偽のほどは判りませんが、最近主産地のブラジルでは良質のものが採れなくなってきているとかで、原石の価格がかなり値上がりしているようです。
極めて微細で発達した針状結晶のルチルインクルージョンが入った水晶をカボションにカットすると、アステリズム(スタークオーツ)や シャトヤンシー(クオーツキャッツアイ)の効果が出ることがあります。
この効果は主にローズクオーツでよく見られ、スモーキークオーツやミルキークオーツでも出ることがあります。
ただ、同じルチルインクルージョンに因るスタールビーやスターサファイアとは比較にならないほど効果が目立ちませんので、普通の光を当てたくらいでは判りにくいかも知れません。
スリランカで採れるシリマナイト(珪線石 Al2SiO5)インクルージョンに因るスタークオーツやクオーツキャッツアイは、半透明灰色であまり美しいものではありませんが効果ははっきりしています。
いずれにしましてもスター効果の出る石としては破格に安価なものですから結構人気があるのです。

     
オンラインショップ ルチルイン クォーツ

真っ黒で太めの針状結晶や柱状結晶インクルージョンが水晶に入っていることがありますが、これはルチルではなく黒色のトルマリン(鉄電気石 ショール)なので、トルマリネーテッドクオーツということになります。
殆どが黒色なのですが稀に暗緑色のトルマリン(リシア電気石 エルバイト)が入っている場合もあるようです。
この水晶もルチルの場合と同じ「針入り水晶」と称され、また利用方法も同じです。
貴金属の反射光の様に見えて煌びやかなルチルインクルージョンに対してトルマリンの場合は少し太めで黒く直線に結晶していますので力強く、この二つの水晶はかなり雰囲気が違うのです。
クローライト(緑泥石)等の苔状や草葉状の結晶がインクルージョンとして水晶に入ることがあります。この水晶の結晶面を研磨すると、中にミニチュワの緑の山や森の風景や庭園があるように見えます。
それでこの様な石はガーデンクォーツと呼ばれています。

     
オンラインショップ ガーデンクォーツ

水晶のインクルージョンとしては稀なのですが、細かいパイライト(黄鉄鉱 FeS2)の結晶が多数分散して入っていることがあります。
周りを暗くしてこれに光を当てると、満天の夜空の星の輝きのように見えて信じられないほど幻想的で美しい宇宙が広がるのです。
その他にも水晶のインクルージョンには、緑色のエピドート(緑簾石)、金属光沢のヘマタイト(赤鉄鉱)、鉛色の方鉛鉱、スカイブルーのアホイト(アホー石)、紺碧のパパゴアイト(パパゴ石)、無色透明の水や気体等があります。
又、非常に稀ですが濃紺のアナテーズ(鋭錐石)の完全結晶やブルーアパタイト(燐灰石)の柱状結晶等が入っていることがあります。
ただこれらのインクルージョンを持つ水晶は、カットしても宝飾用に向くようなものは滅多にありません。
手を加えないそのままの状態で珍品中の珍品としてコレクターズアイテムとなるのです。
 

水晶グループ(1) (2) (3) (4) (5)