レアストーンズ
宝石雑学教室
水晶グループ(1)
★水晶グループ(1)★
水晶(ロック・クリスタル SiO2  硬度7)は老若男女を問わず、石に全く興味の無い方でも良くご存じな石です。
又、昨今のパワーストーン
ブームで様々な願いを込めて身に着けられたり、インテリアとして部屋に飾られたりされているようです。
「いまさら何故水晶の話なのかなー」とお思いになられるかもしれませんが、これ程奥が深くて幅の広い石は他に無いのです。
正式には水晶は無色透明な石英(クォーツ SiO2  硬度7)のことを指しますが、ここでは一般的に馴染みのある水晶=クォーツという表現でお話させて頂きます。

水晶はグループの総称でもあるのです。
水晶グループに入る鉱物はその結晶のスタイルや色調、副成分や内包物の違いでおそらく200~300くらいの種類に分けることができるものと思われます。
水晶グループだけ蒐集しても200点以上のコレクションができることになるのです。
中には「この石も水晶グループ?」と意外に思われるものまであります。

又、産地も世界中にあり、子供の背丈なみの巨大な結晶が出たり、小さな結晶でも非常に稀少なものだったり、変種が産出したりとバラエティに富んでいます。
それではいったいどのような水晶があるのでしょうか。
ポピュラーなものからお話をさせていただきますと……。

まずどなたでも良くご存じの無色透明のロック・クリスタルです。
無色の石ですから皆同じのような気がしますが産地によりかなり結晶のスタイルや質感が違います。

世界一の産出国のブラジル産は巨晶が採れますので水晶玉や彫刻の材料に適しています。
又、ブラジルではヨーロッパの寺院にそっくりな形に結晶したカテドゥラルクォーツやワニの背中に見える形に結晶したジャカレークォーツといった珍品が採れ、形が面白いのでコレクターズアイテムになっています。

アメリカ合衆国のアーカンソー州産やスイス~フランスのアルプス地方で産出するロック・クリスタルは、そんなに大きな結晶ではありませんがブラジル産より一般的にテリや透明感が良くアクセサリー用のカット石に適しています。
又、アメリカ合衆国のニューヨーク州ハーキマーという地区では小さいのですがとてもユニークなでき方をした綺麗なロック・クリスタルが採れます。
それは灰色で珪酸分を多く含む硬い苦灰岩の空洞の中に非常に透明感とテリの良い両剣のロック・クリスタルが結晶しているというものです。
母岩付で見た感じがキンバーライトの中にできたダイヤモンドに似ていることからハーキマー・ダイヤモンドと通称名で呼ばれています。
両剣のものはパキスタンや中国でも採れ、特にパキスタン産は大きなものは無いですが品質の面でハーキマー産並みの高品質なものが採れます。
中国産は高品質なものが少ないのですが価格が極端に安価です。
どちらのロック・クリスタルもハーキマータイプという名前で流通しています。

ロシアも良質のものが採れるようでよく輸入されています。
ロシアではかなりの変種がたまに産出しコレクターの方が飛びついて購入されることが有ります。

インドとネパールや中国の国境にあるヒマラヤ地方で採れる水晶は結晶がシャープで透明感が良く、ヒマラヤ水晶と呼ばれ最近非常に珍重されています。
面白い事に同じヒマラヤ水晶でもインド産とネパール産では結晶のスタイルが違い
価格もネパール産の方が高価なのです。
昔は日本でも多くの量のロック・クリスタルが採れていました。
最近は良質で大型の結晶が殆ど採れませんから、もし有れば国産だということからコレクターの間ではプレミアのついた高額で売買されます。

なかでも山梨県の乙女鉱山で採れた日本式双晶(結晶軸が必ず84°33′の角度で交わっている双晶の一種で日本で多く産出したため日本式と呼ばれている)であれば極端に高額です。

     
オンラインショップ 水晶

紫色から赤紫色をした水晶がアメジストで、2月の誕生石になっています。
紫色は昔から日本では色の中で一番高貴な色として珍重されてきましたので今でもアメジストは最も人気の有る石で宝石扱いされています。

アメジストも産地によって結晶のスタイルや色調、質に違いがあります。
やはり主産地はブラジルで透明感の良い大粒の結晶が多く採れますが、他の産地のものと比較すると若干色が淡いという特徴があります。
同じ南米のウルグアイ産は非常に色が濃いのですが色斑が多く結晶が小さいためカット石にしにくいのです。
アフリカ特にザンビア産は色が濃くて透明感の良いものがあり宝飾品向けとなります。
アメジストはこれにしかない紫色の美しい石で、硬度も靱性も比較的高く、とても安価な宝石なので申し分ないのですが、一つだけ気を付けなくてはならないことがあります。

それはこの石の紫色が鉄分の含有による着色中心であるために、長時間の直射日光で褪色することがあるということです。
このことは宝石のプロでもご存じない方がおられますので注意が必要です。

     
オンラインショップ アメジスト

黄色から黄褐色をした水晶がシトリンです。
11月の誕生石のトパーズによく似ていることから昔はトパーズという名で呼ばれていたことがありますが、紛らわしいため現在ではその呼称は使ってはならないことになっています。
シトリントパーズという呼び方もあまり感心しません。

意外なことにナチュラルカラーで良質のシトリンは稀産で殆どないのです。
市場に多く出回っているシトリンの殆どは、アメジストを加熱処理して造られたものなのです。
何故わざわざこのような手間を掛けてアメジストをシトリンに変えなければならないのでしょうか?

これは推測ですが、他の黄色系の宝石例えばインペリアルトパーズ、イエローダイアモンド、イエローサファイア等がかなり高価で気軽に購入して身に着けることが難しいからでしょう。
黄色い石の需要も多くやむを得ないのではないのでしょうか。

     
オンラインショップ シトリン

水晶グループ(1) (2) (3) (4) (5)